感覚の修行のようなもの

入院とは、
感覚の修行のようなものと、
自分が入院して感じているところです。

今日から回復食になりました。
お味噌汁とお粥、
そして温かいほうじ茶の有り難みよ。
食べても、お腹痛くならないので、
順調に回復してるのだと思います。

前回、同じ病気にかかった時は、
通院治療にしてもらったんだけど、
結局回復までに1ヶ月半かかったので、
入院して集中的に治療するとこんなに早く回復するのだなぁと、医療すごいわーと思います。

今回も通院でいけるだろと思ってたんですが、
前回よりも程度がよろしくなく、
仕事、子育てしながら通院治療は流石に無理で、
医師の診断で入院になりました。

感覚の修行のようなもの、とタイトルに書きましたけども、
人間の感覚はとても繊細なものと入院中に感じています。

まず汗をかいたパジャマを着替えたら気持ちいい。
ほとんど喋らないけど、声かけてもらえると嬉しい。
歯磨きが最高に気持ちいい。
ごはん美味しい。でも、まずいのもある。

そんなごくごくあたりまえの、
不快から快に変わる瞬間を、
人間の感覚器から味わっています。
鯛みそが出されたものの、
何にかけて食べるのか分からず、
これだけ残してしまった。

鯛みそ、チャレンジすべきだったなぁ。

Synchronist

ミルノ純 official website

0コメント

  • 1000 / 1000