お芝居についての向き合い方

生徒にレッスンをしていて、気づいたことががある。

どうも「うまくいかない」「よくならない」という人たちに、

ある共通項があることを。


練習が足りないのではない。

レッスンでは皆、同じことをやっている。

一体何が足りないだろうか。


「勉強法」と「考え方」が足りないのである。

芝居というものは、数字で結果がわかるものではなく、

(お客を呼べるという数字はあるが)

人の気持ちのさじ加減で評価されることも多い。


そして確固たる正解がない。

ここが「うまくいかない人」を量産することになる。

逆に「うまくいっている人たち」は「うまくいってない人」の原因が全くわからない。


ここの差をどう埋めるのか。

私の学生時代の恩師は「お芝居という世界は圧倒的に不公平だ」と言っていた。

もちろん「できる人たち」が圧倒的に有利であることは確かだ。


しかし、

しかしだ。

「できる」と「できない」の差を限りなく埋めるということはできるのではないかと思う。

ある一定の技術力をつけるという意味で。


お芝居は誰がやってもいい。

本来ならば誰も役者の技量を否定することはできない。


だが、プロフェッショナルや商業といった視点からすると別である。

金銭が発生することにより対価を求められるからだ。

その対価とは何か。

集客か、技術力か。

それとも人間的魅力なのか。

ケースバイケースだけれど、何かしら「与えなければならない」のである。


昨年から「声優になりたい」という相談をたくさんいただく。

その度に、私は意地悪だけれどもこう言わせてもらう。

「同人でやればいいじゃない。すぐにでも声優になれるよ」と。

逆に「声優になります」と言い切った人には、

私の持っている技術や心得はいくらでもサポートします。


「自分じゃない人間になれるから芝居が好きだ」という人がいる。

かつても私もそうだった。

が、

そういう人の芝居はだいたい魅力がない。


どんなセリフを借りようが、

どんなキャラクターを借りようが、

自分は消せない。

よくある「自分を出せ!」と言われる人、そういうことですよ。


自分を愛せない人が、人の人生を生きたところで面白いわけないでしょうが。


鏡の法則という言葉をご存知だろうか。

今、見えている世界は全て「自分の現在の状態の鏡」です。














Synchronist

ミルノ純 official website

0コメント

  • 1000 / 1000