アラフォーの英検2級勉強法

タイトルがうわーっ、って感じですが、
記録がてら書きたいと思います。

【結果】

1回目
一次試験 2017年10月
二次試験 2017年11月(不合格)

2回目
一次試験 免除
二次試験 2018年2月(合格)

【動機】

ほんとに思いつきです。何かにチャレンジしたかったというのと、高校生の時に英検二級を受けて5点足りなくて一次試験落ちたのでリベンジを果たしたいと思ったから。英語力を客観的に証明するものが全くなかったので。

あと、昨年4月に行ったNYでミュージカルを観た後、UBERの運転手との電話でのコミュニケーションが取れず、道端にいた人に助けを求めてしまって人の優しさに助けられながらも、悔しさもあったからです。

【前提】

36歳です!←隠さない
学生のような勉強という習慣はありません。
私は英語が好きなだけで、得意(ペラペラに喋られる)というわけではありません。
英検2級を受ける前のレベルとしては、海外旅行で困らない程度だと思います。(ちなみに海外ではだいたいのことは中学英文法でなんとかなります)
TOEICも受けたことがありますが、400点に届いていないレベルです。

【環境】

活発な男児を子育て中。
吹替のお仕事が中心。
(子供向け作品とスラングだらけの作品ばかりです…!)
一次試験の日まで3週間。

【一次試験までにやったこと】

家での勉強時間は朝の30分間のみ。
6時半から7時まで。
ネットで勉強法を調べる。
家では旺文社さんの英検二級予想問題集を、解く。
わからなければすぐに解答と解説を読む。
これをひたすら繰り返す。

2.
お仕事でスタジオに向かう途中、電車内でアプリ(スタディギア)を使って語彙中心に勉強。

3.
LINEでルーマニアの友達と英語で会話。お互い母国語が英語ではない環境なのですが、お友達は大学で英文学専攻なので、いろいろと教えてもらいました。

4.
今の英検は新しく英作文が必要になったので、試験日の1週間前から合ってるからわからないけど、中学英文法のみで100語程度の英文を書けるようにノートに書きまくった。合格ラインを超えることを目標としていたので、満点は目指していませんでした。

5.
問題ごとの時間配分を決めておく。←これがめちゃ大事!

【一次試験の結果】

Reading スコア 538
Listening スコア 494
Writing スコア 541
(各650点満点)

【一次試験の所感】

まず、時間配分をきちんと決めておいたのが良かったなと。
リーディングは問題集のおかげかと思います。予想してたよりも難易度が低いと思いました。文脈から予想ができるものが多かったです。
リスニングの対策をほぼしていなかったため、スコアに如実に反映されていました。これは、英検のリスニングの問題傾向をほぼ把握していなかったためだと思います。
ライティングは80語から100語を書かなければならず、数えたら98語くらいで収まった感じです。ほぼ中学文法でしたが予想以上にスコアが取れていたので、まず書くことが大事なのだなと思いました。

一次試験は昨年10月にパス。
続いて二次試験対策をしました。

【当時の環境】

舞台の制作、
声優仕事は相変わらず、
子育ても相変わらず、
母の一周忌で大分帰省のクワトロコンボ。
大分帰省の翌日に東京で二次試験。
(大分で受ければ良かったと後悔しました)

【二次試験までにしたこと】

多忙すぎてほぼできませんでした…(笑)
お友達に対策を手伝ってもらいました。
渋谷の駅で対策してもらったなあー(しみじみ)

【二次試験の結果】

Speaking スコア 456 (合格点460)

リーディング 4点/5点
Q&A 13点/25点
アティテュード 2/3点

【二次試験所感】

これは個人的所感ですが、面接官の相性めっちゃあります。こっちが笑顔で挨拶しても、鉄壁のポーカーフェイス。リアクションちょーだい!!(笑)
また出題内容が、次世代エネルギー(こっちは大丈夫)とハイブリッドカーのトピックだったのですが、私、運転免許持ってないので、車のことまったくわからないんですね。想像すらできない。とにかく喋ってはみましたが、ダメでした……


そして二次試験リベンジ



【環境】

朗読劇の演出、
声優の仕事でてんやわんや、
息子さんが2回目のインフルにかかりてんやわんや。

【二次試験までにやったこと】

スタディギアのPC版で二次試験対策。
1日10分程度(取り組んだのは2週間ほど)
模範解答の音声を聞きながら発音のチェック。
問題傾向の叩き込み。
全然言葉が出てこなくて焦るも、とにかく満点を目指すのではなく合格点を取るのだと自らに言い聞かせて繰り返しやる。
旺文社の面接対策本と、YouTubeの二次試験対策動画をたくさん観ました。
YouTubeの先生が、「二次試験はね、みんなを受からせたいと面接官は思ってるんですよ」という発言が非常に私のモチベーションを上げてくれました。

【二次試験の結果】

Speaking スコア 501点 (合格点460)

リーディング 4点/5点
Q&A 19点/25点
アティテュード 3/3点

【二次試験所感】

今回はクールビズのトピックでした。これならできる!と確信しました。
3コマ漫画の説明がうまくいったかなと思います。
あとは、ニコニコと笑顔をキープして、
面接官の目を見て話す、
面接官を時々見ながら読む、
自分の意見を言う時は、賛成か反対かを明確にしてェスチャーも時々入れながら伝えるということに注力。今回の面接官はとても穏やかな感じの人でした。というわけで晴れて合格!





というわけで、こんな感じで勉強してました。
勉強時間はたぶん、他の受験者さんと比べると圧倒的に少ないと思います。戦略って大事だなと痛感した次第です。

さて、次は準1級の獲得を目指して、頑張りたいと思います!2020年東京オリンピックまでに!

まずは語彙力から!

やったります!



長文お読みいただきありがとうございました
(*⁰▿⁰*)

Synchronist

ミルノ純 official website

0コメント

  • 1000 / 1000