事の顛末

ATLから寛解したオカンの話①という続き物のブログを書いたことがあります。

このブログ記事は毎週、検索、アクセス数がトップにきます。

それほど、やはりこの病気の治療の難しさと、その患者当人、そして周りの人の不安が大きいのだなぁと思っています。

さて、そんな私のオカンですが、
実は春頃ATLを再発して治療を続けていましたが、
先日、たくさんの大好きな花に囲まれて空に旅立ちました。

オカンは何度か再発をしていて、もう薬が効かなくなっていました。
良くも悪くも免疫細胞の強さというものを思い知らされました。

最期の話はあまりしたくはないのでここでは割愛しますが、
みんなに囲まれて愛されて旅立ちました。
それは美しくしあわせなことです。

仕事やお稽古で会えないままさよならになるかと、
もっと言ってしまえば、葬式にすら参列できないかもと思っていました。

でも、私の周りの人たちの尽力で、
最後に会って話もできましたし、
写真だって家族で撮れたし、
オカンに伝えたいことも全て伝えられました。

ちゃんと告別式でお見送りができたことに、
娘として今は、オカンに感謝するばかりです。

ATLは予後不良の病気です。
それはやっぱり現実で、抗がん剤などでコントロールしていかなければいけませんし、移植の成功率も高いわけではありません。



それでも、




それでも、



本当なら最初は余命5日と言われていたオカンは、

幸運にもはるかに長い間生きることができました。

そして家族揃って見送ることができました。

オカンはやっぱり運が良いのです。

ポジティブに生きてきたオカンへ、

神様からプレゼントをもらったのかもしれません。



ATLのブログ記事を読んでくれた方には、結果的に失望をさせてしまう報告かもしれません。

それでもこんな超ポジティブな生き方をしていた人がいたんだよ、と一つの参考にしてただければと思います。

ATLの人がみんな後ろ向きに生きているわけではないんだと、

そんな風に思ってもらえたらなと。

ブログは消そうかどうか悩んだけど、

やっぱりオカンの「生き方」を読んでもらいたいなぁと、

そう思って残します。
生前、お世話になりました皆さまには感謝申し上げます。

ありがとうございました。

ミルノ純

Synchronist

ミルノ純 official website

0コメント

  • 1000 / 1000