synchronist

記事一覧(559)

干支3周分の……

もうまもなく36歳が終わりを告げようとしています。36歳最後の1日は、朝、浅い眠りから目覚め、疲れがとれてないなと思いながら、 学校で教鞭をとり、そのあとバンドリハーサル。きっと疲れからきたのであろう、もやもやした頭痛を抱えながら、家に着いた。歌を歌いながら、ああ、ヘッタクソだな、まだまだだな、おんなじ間違いしやがって私ーと自分自身にいささか腹立たしくなった。それを自分自身に溜め込んでムスッとした顔になる。疲れもあってさらにムスッ。ああ、きっと私が嫌われる瞬間はここなんだろうと思った。古びた「営業スマイル」という言葉があるけど、誰か、その技術私にわけてはくれまいか。誕生日くらい肌のコンディション最高にしてほしい。今年一番の肌荒れ状態ですなう。人間は多くを学び、そして学ばないのだなぁ。昨日の私も、今日の私も、明日の私も、たぶんだけど、あんま変わんない。「好き」も「嫌い」もその人の主観じゃい。それを相手に投げつけてどーすんのよ。だからなんやねん、的な話。なんかアホみたいに叩かれてたりしても、それでも人には優しくありたい。舌打ちがなくなる世界になってほしい。私は、喜びと幸せのお手伝いを。まあ、とりあえず、寝ます。おやすみ。

ミルノ的推薦図書ご紹介

今日は事務所内トークライブの『ミルノの朝』でした(^^) 今回は現役TVナレーターさんに最前線のお話をお伺いしました。予想以上に深い…深すぎて、プロだからこそ刺さる部分がいくつもありました。さて、そのお話の中でビジネス書を読むという話がありまして、読み尽くした本は本棚に入らなくなって処分したのですが、お片づけオーディションをくぐり抜け今、すぐ手に取れる場所に置いてある図書をご紹介します。まず、なんでミルノがビジネス書を読むようになったかというと、前の事務所をクビになり(笑)フリーとして生きていくことを決めたときに、「私は個人事業主なんだ!」と気づき、社会の仕組みを知らない、ビジネスの作法も何もかもがわからないというところがあり、興味のあるビジネス書を片っ端から読んでいました。今回の写真には載っていませんが、勝間和代さんの「起きていることはすべて正しい」の本が、私の人生を大きく変えました。ある日、たまたま新幹線の駅で買って、京都までの時間で一気に読破しました。私も昔はびっくりするほど愚痴を言う人間でした。愚痴を言いたくなる幼稚な精神であったことと、精神が限界に達していたときでしたから。愚痴を言わなくなったその日から、世界が変わっていく的なことを書いていたと思います。読破したあと、私はネガティヴワードをポジティブワードへと変化させるようになりました。私の第二の人生はそこからスタートしたといっても同然なのです。そこからは、ネット検索や、本屋に足を運び、ビジネスマンが多い本屋のランキングを参考にして、ビジネス書を買いまくりました。だいたい1週間に3冊買って、1ヶ月に10冊から12冊ほど読んでいました。プレジデントを買う声優なんて珍しいと思います。読んでいくと、あれ、この人たちどうやらみんな私と思考の仕方が違うぞと思うようになりました。いろいろと厳選して、現在すぐに手に取れる場所にある9冊(そのうち3冊はお風呂で読む用)

キュアエールのチカラ

なんとかしたい、ただそれが唯一の理由。本日、HUGっと!プリキュアのライブフォーユーのイベント昼の部へお邪魔しました。実は、この日のライブに向けて、キュアエールこと引坂理絵ちゃんのボイストレーニングをさせていただいておりました。5月初旬から、3ヶ月みっちりトレーニングしまして、本日を迎えました。音が取れない、リズムが取れない、歌の発声の偏りなどがあって、ほぼゼロからのスタートでした。ライブまで約90日。ダンスの振り入れが1ヶ月前。ということは、約60日でダンスしながら歌える力をつけなければと、とにかく、私の技術をとことんシェアしました。そして彼女はどんどん吸収してくれました。彼女は努力家です。めちゃくちゃ努力家です。私、今までこんなに頑張る子見たことなかった。きっと彼女に確固たる信念があるのだろうと感じました。彼女の人柄、生き方見てると、全力で応援したくなる子なんです。だからこそ、私も全力でサポートしようと肚をくくりました。本番2週間前くらいになって、「よっしゃ!!いける!」と確信しました。そして、今日、私が出演するわけでもないのに、朝からずっと緊張してて、心臓ばくばくして、胃が痛くて(笑)小心者だなと自分で自分をツッコミした。そして、本番。満員の品川ステラボール。ペンライトの海の中で、ダンスをしながら『HUGっと!未来☆ドリーマー』を歌い始めた彼女を見て、私、号泣。゚(゚´Д`゚)゚。もう親心で、観てました。ソロ曲はさらに号泣。(ギリギリまで彼女はこの曲に向き合っていました)未来の長さがそれぞれ違うお友達(笑)を見てさらに号泣。みんなが彼女を応援してくれてる……!もう泣きっぱなしのイベントでした。私、こんなに泣いたの何年ぶりなんだろう。彼女ははなちゃんそのまんまで、キュアエールで。全力で応援されてる側だけど、全力で応援したくなっちゃう。きっと今日来ていたお客さんみんなそう思ったんじゃないでしょうか。撮影してくださったのは、キュアアンジュの本泉莉奈さん。「私撮りますよ〜」はい、天使認定。彼女もそのまんまキュアアンジュでした!図々しくすみませんΣ(゚д゚lll)ありがとうございました!そして、引き合わせてくれた、逢沢ゆりかちゃんありがとう❗️